北海道農業担い手育成センター「北海道で農業をはじめるサイト」

農業を始める

第三者農業経営継承

農業経営継承事業の流れ

移譲希望者登録申込移譲希望者登録申込
公社担当者と事前面談が条件
市町村地域担い手育成センター

(公財)北海道農業公社 (移譲希望者情報はHPに掲載)
顔合わせ・事前体験(1~6週間)

資産評価、経営継承
計画書の作成

両者の合意 (マッチング)・覚書の作成

経営継承実践研修 ・農の雇用事業(6ヶ月~4年間) ・農業次世代人材投資資金(準備型)

コーディネートチーム (市町村・JA・普及センター等)の支援作成

「経営継承合意書」の締結作成

経営継承により新規就農 (就農後のフォローアップ)作成

第三者農業経営継承とは

 第三者農業経営継承とは、移譲希望者の農地・施設・機械等の有形資産と技術・ノウハウなどの無形資産を家族以外の継承希望者に、受け渡すことを通して、経営を継承する手法。第三者経営継承は、次世代に資産を引き継ぐことで農業経営が継続され、地域農業を守ることに大きく貢献することが期待されています。

農業経営の移譲を希望する方へ(移譲希望農家)

 市町村の地域担い手育成センターを経由して申込書提出 。登録後当公社ホームページ経営移譲希望農家一覧に掲載。登録要件と手続きを確認してから申し込 みください。

農業経営の継承を希望する方へ (継承希望者)

 継承登録希望者は、原則として当公社担当者と面談してから申込書を提出する。 登録要件と手続きを確認してから申し込みください。

経営移譲希望農家一覧 ※ 移譲希望農家の資産売却額等の個人情報
  に関するお問い合わせはご遠慮下さい。
第三者経営継承に関する情報 様式集
  1. 農業経営の第三者継承情報への登録申込書(移譲希望者)様式相第6号・別紙(Word)
  2. 農業経営の第三者継承情報への登録申込書(継承希望者) 様式相第7号(Word)
  3. 第三者継承情報登録補足資料(継承希望者)補足様式第9号~第12号(Exel)
  4. 経営継承事前体験様式 様式相第8号~第12号 (Word)
市町村地域担い手育成センター担当者の方へ

 農業経営の第三者継承情報への移譲希望者を登録する場合は、登録申込書の他に第三者継承情報登録補足資料(移譲希望者)、地域支援体制チェックリスト、農場の写真等の提出が必要ですので、登録を希望される場合は事前に(公財)北海道農業公社経営継承推進支援室までお問合せください。
  尚、移譲希望者登録に合わせてコーディネートチームの設置が必要です。

● 農業経営の第三者継承情報への登録及びお問い合わせは、 (公財)北海道
  農業公社経営継承推進支援室まで連絡下さい。

TOPに戻る